FC2ブログ

スイス旅行記 5日目 (後半)

日本で入手して持って行った地図が1/50000の縮尺だったので、いまいち細かい山の形とかは読み取れません。おおざっぱに把握してたコースは、
 1:池を左に見て縁をまわって、だらだら登って尾根に出る。
 2:尾根に出たあたりに避難小屋と頂上への分岐あり。
 3:右へ尾根をだどって頂上往復。
 4:尾根を反対側へ降りてブスアルプへ。
というもの。で、実際に歩いたコースもこれて大きく違わなかったのです。でもなんか微妙に違うんで、違和感を持ちながら歩いていました。青線が歩くつもり(&歩いているつもり)だったコース。赤線が実際に歩いたコースです。

GPSトラック First-2

最初の池が2つのうちどちらの縁をまわるかが違うだけで、偶然にもどちらも上の4つの条件を満たしているんですよね。それでも普段ならGPSですぐ間違いに気づくんですが、今回はGPSに取り込める地図が入手できなかったので、GPSは単にログ取り用に持っていただけで、帰国後地図にマッピングして初めて実際に歩いたコースが判明したというもの。さらに頂上手前に急な雪渓が残っていて通過できずに手前で引き返したので、結局どこの山に登っていたのか釈然としないままになってしまったのでした。ファウルホルンは易しいハイキングコースのようなので、そんな所があるはずがないんですが。


では出発です。まずバッハゼーを左に見ながら湖岸の道を行きます。

20130711-21.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


山腹をトラバースしながらの緩やかな登り。小さな渓流とお花畑と湿地帯。日本の北アルプスの黒部源流あたりのような風景です。背後にはヴェッターホルンとシュレックホルン。(あれ?)

20130711-22.jpg
Sony DSC-RX1


道はバッハゼーまでの広い林道風の道とは違って、普通の登山道です。歩く人はぐっと少なくなって、静かな山歩きが楽しめます。(みんなはどこに行ったのかな?)

20130711-23.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


雪解けの清流をいくつも横切っていきます。

20130711-24.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-25.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


残雪が多く、小さい雪渓がたくさん残っています。傾斜は緩いので通過に支障はありません。

20130711-26.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


2つの池塘のあるちょっとした窪地を過ぎると尾根に出ます。

20130711-27.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


尾根はしだいに痩せてきて、結構高度感のある道に。

20130711-28.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


避難小屋発見。ブスアルプに下りる道に道標もあって、コースは間違ってなさそうな? でも山頂に向かう道には道標がありません。メジャーなハイキングコースのはずなのになあ。まあ上に行けば頂上なのは間違いないし、進みましょう。

避難小屋を過ぎ尾根をたどると、道は北アルプスの縦走路くらいになってきました。あんまりハイキングコースっぽくないなあ。それに誰も歩いていませんよ。

20130711-29.jpg
Sony DSC-RX100


どうやらこのすぐ上が頂上っぽいです。が、手前の雪渓がアイゼンなしではちょっと危なそう。今日はハイキングのつもりなので、装備は持ってきてません。無理せず引き返すことにします。という訳でこの上にはたして何山の頂上があったのかは謎のまま。

20130711-30.jpg
Sony DSC-RX100


引き返し地点あたりの尾根には、一面にこんな花の群落が。カンパニュラの一種でしょうか?

20130711-31.jpg
Sony DSC-RX1


尾根からはバッハゼーが見下ろせます。若干見える角度がおかしいような気もします。(左の池の縁を通って左上へ登っていく広い道が写っていますが、これがファウルホルンへの道。)

20130711-32.jpg
Sony DSC-RX100


避難小屋まで戻り、道標にしたがってブスアルプへ向かいます。始めは岩と雪渓まじりの道。

20130711-33.jpg
Sony DSC-RX100


しばらく行くと、広々した草原の道に。

20130711-34.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


一面のお花畑も。

20130711-35.jpg
Sony DSC-RX1


牧草地まで降りてきました。ちょっと遠くてわかりにくいですが、マーモット発見。

20130711-36.jpg
Sony DSC-RX100


ブスアルプ到着。ここにはハイカーがたくさんいます。どこから来たのかな?

20130711-37.jpg
Sony DSC-RX100


いまいち釈然としないものはありますが、まあ無事予定通りのゴールに着いたし、途中の山道も素晴らしかったし、めでたしめでたし。


1時間に1本のバスが出た直後だったので、レストランで時間待ちして次のバスでグリンデルワルドへ。賑やかな駅前通り。あちこちに工事中の建物もあり、まだまだ発展中のようです。

20130711-38.jpg
Sony DSC-RX100


20130711-39.jpg
Sony DSC-RX100


ミューレンに帰る前に、いつも素通りばかりのラウターブルンネンの町を歩いてみます。駅前から続くメインストリートのすぐ裏に落ちるシュタウプバッハの滝。なにやらゲームに出てくる町のような不思議な光景です。

20130711-40.jpg
Sony DSC-RX100


滝と教会が撮れるアングルをいくつか探してみましたが、やはり昨日のウェンゲンとの間の車中からがベストな気がします。

20130711-41.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-42.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


晩御飯はまた1皿料理で気軽に。

20130711-43.jpg
Sony DSC-RX100


20130711-44.jpg
Sony DSC-RX100


そろそろ洗濯をしないといけませんが、ホテルにコインランドリーがあり大助かりでした。

---------------------------------------------------------------------------------------

旅行記を書きながら昔の写真を見ていたらファウルホルンの写真発見! 30年前は迷わず行けたんだ。

1984-Europe-N237.jpg

コメントの投稿

非公開コメント

日本ブログ村
プロフィール

tara

Author:tara
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR