スイス旅行記 5日目 (後半)

日本で入手して持って行った地図が1/50000の縮尺だったので、いまいち細かい山の形とかは読み取れません。おおざっぱに把握してたコースは、
 1:池を左に見て縁をまわって、だらだら登って尾根に出る。
 2:尾根に出たあたりに避難小屋と頂上への分岐あり。
 3:右へ尾根をだどって頂上往復。
 4:尾根を反対側へ降りてブスアルプへ。
というもの。で、実際に歩いたコースもこれて大きく違わなかったのです。でもなんか微妙に違うんで、違和感を持ちながら歩いていました。青線が歩くつもり(&歩いているつもり)だったコース。赤線が実際に歩いたコースです。

GPSトラック First-2

最初の池が2つのうちどちらの縁をまわるかが違うだけで、偶然にもどちらも上の4つの条件を満たしているんですよね。それでも普段ならGPSですぐ間違いに気づくんですが、今回はGPSに取り込める地図が入手できなかったので、GPSは単にログ取り用に持っていただけで、帰国後地図にマッピングして初めて実際に歩いたコースが判明したというもの。さらに頂上手前に急な雪渓が残っていて通過できずに手前で引き返したので、結局どこの山に登っていたのか釈然としないままになってしまったのでした。ファウルホルンは易しいハイキングコースのようなので、そんな所があるはずがないんですが。


では出発です。まずバッハゼーを左に見ながら湖岸の道を行きます。

20130711-21.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


山腹をトラバースしながらの緩やかな登り。小さな渓流とお花畑と湿地帯。日本の北アルプスの黒部源流あたりのような風景です。背後にはヴェッターホルンとシュレックホルン。(あれ?)

20130711-22.jpg
Sony DSC-RX1


道はバッハゼーまでの広い林道風の道とは違って、普通の登山道です。歩く人はぐっと少なくなって、静かな山歩きが楽しめます。(みんなはどこに行ったのかな?)

20130711-23.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


雪解けの清流をいくつも横切っていきます。

20130711-24.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-25.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


残雪が多く、小さい雪渓がたくさん残っています。傾斜は緩いので通過に支障はありません。

20130711-26.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


2つの池塘のあるちょっとした窪地を過ぎると尾根に出ます。

20130711-27.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


尾根はしだいに痩せてきて、結構高度感のある道に。

20130711-28.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


避難小屋発見。ブスアルプに下りる道に道標もあって、コースは間違ってなさそうな? でも山頂に向かう道には道標がありません。メジャーなハイキングコースのはずなのになあ。まあ上に行けば頂上なのは間違いないし、進みましょう。

避難小屋を過ぎ尾根をたどると、道は北アルプスの縦走路くらいになってきました。あんまりハイキングコースっぽくないなあ。それに誰も歩いていませんよ。

20130711-29.jpg
Sony DSC-RX100


どうやらこのすぐ上が頂上っぽいです。が、手前の雪渓がアイゼンなしではちょっと危なそう。今日はハイキングのつもりなので、装備は持ってきてません。無理せず引き返すことにします。という訳でこの上にはたして何山の頂上があったのかは謎のまま。

20130711-30.jpg
Sony DSC-RX100


引き返し地点あたりの尾根には、一面にこんな花の群落が。カンパニュラの一種でしょうか?

20130711-31.jpg
Sony DSC-RX1


尾根からはバッハゼーが見下ろせます。若干見える角度がおかしいような気もします。(左の池の縁を通って左上へ登っていく広い道が写っていますが、これがファウルホルンへの道。)

20130711-32.jpg
Sony DSC-RX100


避難小屋まで戻り、道標にしたがってブスアルプへ向かいます。始めは岩と雪渓まじりの道。

20130711-33.jpg
Sony DSC-RX100


しばらく行くと、広々した草原の道に。

20130711-34.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


一面のお花畑も。

20130711-35.jpg
Sony DSC-RX1


牧草地まで降りてきました。ちょっと遠くてわかりにくいですが、マーモット発見。

20130711-36.jpg
Sony DSC-RX100


ブスアルプ到着。ここにはハイカーがたくさんいます。どこから来たのかな?

20130711-37.jpg
Sony DSC-RX100


いまいち釈然としないものはありますが、まあ無事予定通りのゴールに着いたし、途中の山道も素晴らしかったし、めでたしめでたし。


1時間に1本のバスが出た直後だったので、レストランで時間待ちして次のバスでグリンデルワルドへ。賑やかな駅前通り。あちこちに工事中の建物もあり、まだまだ発展中のようです。

20130711-38.jpg
Sony DSC-RX100


20130711-39.jpg
Sony DSC-RX100


ミューレンに帰る前に、いつも素通りばかりのラウターブルンネンの町を歩いてみます。駅前から続くメインストリートのすぐ裏に落ちるシュタウプバッハの滝。なにやらゲームに出てくる町のような不思議な光景です。

20130711-40.jpg
Sony DSC-RX100


滝と教会が撮れるアングルをいくつか探してみましたが、やはり昨日のウェンゲンとの間の車中からがベストな気がします。

20130711-41.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-42.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


晩御飯はまた1皿料理で気軽に。

20130711-43.jpg
Sony DSC-RX100


20130711-44.jpg
Sony DSC-RX100


そろそろ洗濯をしないといけませんが、ホテルにコインランドリーがあり大助かりでした。

---------------------------------------------------------------------------------------

旅行記を書きながら昔の写真を見ていたらファウルホルンの写真発見! 30年前は迷わず行けたんだ。

1984-Europe-N237.jpg

スイス旅行記 5日目 (前半)

2013年7月11日(木)


この日が一番きれいに朝焼けました。

20130711-01.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


20130711-03.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


フランス国旗のような、トリコロールの空。

20130711-02.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


今日歩くコースの前半のフィルストからバッハゼーの間はこの界隈でも有数の人気ハイキングコースです。混まないうちに通過するにはフィルスト行きのゴンドラリフトには始発で乗りたいところ。というわけで、ホテルの朝食はパスして出発です。

例によってBLMでラウターブルンネンに下ります。全体に展望のいいBLMですが、特にヴィンターレック-グリュッチアルプ間は線路沿いが牧草地で見通しがいいこともあり抜群です。その区間をノーカットで。





ラウターブルンネンからインターラーケン方面に1駅戻りツヴァイリュチーネンで乗り換えてグリンデルワルドへ向かいます。

20130711-04.jpg
Sony DSC-RX100


朝から賑やかなグリンデルワルドの駅前を抜け、5分ほど歩いてフィルスト行きゴンドラリフトへ。始発待ちは2、30人位で、スムーズに乗れました。

20130711-05.jpg
Sony DSC-RX100


地図で見ると2つ中間駅があってそこで折れ曲がっているので乗り換えかと思っていたら、一旦扉は開くだけでそのまま通しでの乗車です。

20130711-06.jpg
Sony DSC-RX100


フィルストからの展望。北壁を真正面から見上げた昨日とは違って、こちらからはアイガーも少し穏やかな印象。右奥にユングフラウも見えていますが、ここではすっかり脇役です。アイガーの左手に見える尾根の一番高い山がグロース・グリュンホルン(4044m)。

20130711-08.jpg
Sony DSC-RX1


ここでの主役はやはりこちらでしょう。シュレックホルン(4078m)。右手前の尾根をたどると徐々に高度をさげてメッテンベルク(3104m)からグリンデルワルドの町に断崖となって落ち込んでいます。

20130711-09.jpg
Sony DSC-RX1


ここはパラグライダーの人気スポットらしく、ゴンドラリフトにもそれらしき大荷物を持って乗り込む人が結構いました。おー飛んでます飛んでます。この景色の中を飛んだらさぞ気持ちいいでしょうね。

20130711-07.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


このあたりの標高は2200mちょっとですが、結構雪が残っています。

20130711-10.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-11.jpg
Sony DSC-RX1


所々に清流とお花畑が現れます。さすがに人気のコースなのも納得できる見事な景色です。

20130711-12.jpg
Sony DSC-RX1


正面に見えるのはレーティ(2757m)。左手の山頂に小屋が見えるのがファウルホルン(2681m)。今日の予定はバッハゼーからブスアルプへ下りるコースで、途中にファウルホルンに寄っていく予定です。しかしこの時点では正面に見えるレーティをファウルホルンだと思っていました。(ファウルホルンのほうはあんまり山らしく見えないものでどこかの展望台かなにかかと。)

20130711-13.jpg
Sony DSC-RX1


シュレックホルンの右手の稜線の向こうに見えてきた八重歯のようなとんがったピークは、ベルナーオーバーラント最高峰のフィンスターアールホルン(4274m)。

20130711-14.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-15.jpg
Sony DSC-RX1


ちょっとした峠を超えると眼下にバッハゼーが見えてきました。今日は朝一で上がってきたので空いていますが、ここまではほとんど上り下りのない広い道なので、ハイカーだけでなく観光客もよく訪れるようです。

20130711-16.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


バッハゼーはアルプスの宝石とも呼ばれる山上湖ですが、まあ湖自体はまわりに人工物も目に付きやや俗化した印象でそこまで美しいとは思えませんでしたが、遠景の山々とのコンビネーションは確かに絶景です。

20130711-17.jpg
Sony DSC-RX1


20130711-18.jpg
Sony DSC-RX1


20130711-19.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130711-20.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


さて、湖畔で一休みしたら、ファウルホルン(と思っているレーティ)に向かいます。



スイス旅行記 4日目 (後半)

クライネ・シャイデック駅です。

20130710-30.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


20130710-31.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


グリンデルワルドからとウェンゲンからのウェンゲルンアルプ鉄道がここで合流して、ユングフラウヨッホに向かうユングフラウ鉄道への乗換駅になっているので、観光客で賑わっています。

20130710-45.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


駅の少し下手はアイガーを背景に登っていくユングフラウ鉄道のいいポイントなので、しばし撮り鉄を。

アイガー北壁を背景に登るこの2輌編成は途中駅のアイガーグレッチャー行き。アイガーグレッチャーも人気のあるハイキングコースの起点になっているのですが、ユングフラウヨッホ行きは団体客などで混みあってなかなか乗れないこともあるようなので、別に出ているのでしょう。

20130710-44.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


アイガーグレッチャー駅に近づくと、氷河がすぐ背後に迫ってきます。

20130710-32.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


こちらの4輌編成はユングフラウヨッホ行き。

20130710-46.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


20130710-33.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


クライネ・シャイデックからはウェンゲルンアルプ鉄道の線路沿いに下ります。

20130710-47.jpg
Sony DSC-RX1


牧草地の中を行くのんびりした道です。

20130710-36.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


時おり左手から氷河末端の崩落する音が響いてきます。

20130710-34.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


池塘に映るのはミッタークホルン(3892m)からグロスホルン(3754m)。

20130710-35.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ウェンゲルンアルプ駅が見えてきました。クライネ・シャイデックへ向かう列車の背景にミューレンの村が見えます。

20130710-37.jpg
Sony DSC-RX100


ウェンゲルンアルプ駅に到着。ラウターブルンネンまで電車で降ります。ウェンゲンから上はスイスパスの有効範囲外なので、ウェンゲルンアルプからウェンゲンまでの1駅だけ乗車券を買いますが、スイスパス割引でも12SFもします。

20130710-38.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130710-39.jpg
Sony DSC-RX100


ウェンゲンから下っていく車窓からはラウターブルンネン谷の様子がよくわかる絶景が楽しめます。

20130710-48.jpg
Sony DSC-RX100


ラウターブルンネン到着直前には教会とシュタウプバッハの滝の絵になる景色。

20130710-40.jpg
Sony DSC-RX100


ミューレンに帰り、今日の晩御飯は一人旅の強い味方、チャイニーズレストランです。どこの町にもたいていあるし、さっさと安く食べられて便利なんですよね。といっても、さすが物価高のスイスだけあって、この鳥の甘酢とワンタンスープ、ビールで33SFでした。

20130710-41.jpg
Sony DSC-RX100


夕方は今日も一雨ありました。

20130710-42.jpg
Sony DSC-RX100


ホテルエーデルワイスの全景です。手前の3階のバルコニーのある部屋に泊まっています。家族経営っぽい小じんまりしたホテルです。1階にテラスのあるレストラン。結構人気があるらしく、いつも賑わっていました。

20130710-43.jpg
Sony DSC-RX100


今日歩いたところ。

GPSトラック Manlichen


スイス旅行記 4日目 (前半)

2013年7月10日(水)


朝食前の散歩です。ホテル前から朝焼けのグスパルテンホルン(3436m)。

20130710-01.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


今日は少し雲が多いようで、アイガー、メンヒの頂上には雲が流れています。

20130710-02.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


朝のミューレン駅。朝一からがつがつ動き回る人はあまりいないようで、閑散としています。

20130710-04.jpg
Sony DSC-RX100


ついでにちょっと撮り鉄。

20130710-03.jpg
Sony DSC-RX100


今日はラウターブルンネン谷の向こうに渡って、メンリッヒェンからのハイキンクコースを歩いてみることにします。BLMでグリュッチアルプへ。

グリュッチアルプのロープウェイ駅からの展望。

20130710-05.jpg
Sony DSC-RX100



ロープウェイで下っていくと、ラウターブルンネンの町の背後に流れ落ちる、落差300mのシュタウプバッハの滝が見えてきます。





ラウターブルンネンからヴェンゲルンアルプ鉄道(WAB)で1駅先のヴェンゲンへ。ロープウェイに乗り換えてメンリッヒェンに上がります。






メンリッヒェンからの展望。左のユングフラウから右のブライトホルン、チンゲルホルンまで。

20130710-08.jpg
Sony DSC-RX1


ミューレンからとは眺める角度が変わってユングフラウを北側から見ることになります。こちらからだと前山のシルバーホルン(3695m)が右手前に真っ白な三角形としてはっきりわかります。

20130710-07.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ラウターブルンネン谷の対岸にはミューレンの村が見下ろせ、泊まっているホテルの立地がよくわかります。地震でもあると谷にころがり落ちそう。

20130710-06.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ミューレンから右へ尾根をたどっていった先が、昨日上がったシルトホルンになります。

20130710-09.jpg
Sony DSC-RX1


新しく見えてきた山々。左からヴェッターホルン(3692m)、ベルグリシュトック(3656m)、頂上が少し雲に隠れているのがシュレックホルン(4078m)。下に見える町はグリンデルワルドです。

20130710-10.jpg
Sony DSC-RX1


クライネ・シャイデックへ向かうハイキングコースをたどります。ミューレンのアイガーは西壁が見えていましたが、今日は北壁を正面に見ながら歩きます。道は右端の山、チュッゲンの山腹を巻いていきます。

20130710-11.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


20130710-12.jpg
Sony DSC-RX1


20130710-13.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


道はこんなふうに山腹をほぼ水平に続いています。よく整備されていて山道というよりは遊歩道という感じ。

20130710-14.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130710-15.jpg
Sony DSC-RX1


チュッゲンを回り込むと、一旦隠れていたユングフラウが再び現れて3山のそろい踏みになります。クライネ・シャイデックのホテルや駅舎が見えてきます。

20130710-16.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130710-17.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


今日は雲が多かったのですが、少し晴れてきたようです。

20130710-18.jpg
Sony DSC-RX1


20130710-19.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


ラウバーホルンへ寄り道していくことにします。クライネ・シャイデックの少し手前に分岐があります。ラウバーホルンへはチュッゲンに続く尾根をメンリッヒェン側に少し戻ることになります。

20130710-20.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


登るほどにユングフラウは大きく見え、迫力を増してきます。

20130710-21.jpg
Sony DSC-RX1


20130710-25.jpg
Sony DSC-RX1


だいぶ青空が広がり明るくなってきました。日の当たらない黒々したアイガー北壁と好対照です。適度に雲がかかっていい味を出しています。

20130710-23.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130710-24.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


ラウバーホルン(2472m)の山頂です。山頂一帯の西側は断崖が続いていてフェンスに囲われています。

20130710-26.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


ユングフラウヨッホをズームで。拡大すると展望台の観光客の姿が見えています。

20130710-28.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


こちらはミューレンの村。

20130710-29.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


メインのハイキングコースから少しはずれるだけですが、登ってくる人もまばらで静かな山頂です。展望を楽しんだら分岐まで戻り、クライネ・シャイデックに向かいます。

スイス旅行記 3日目 (後半)

今度はミューレンの村から一番お手軽な展望台、アルメントフーベルに上がります。ケーブル乗り場はメインストリートの1本山側の通り(といっても通りはこの2本くらいですが)に面しています。創業1912年の老舗です。

20130708-19.jpg
Sony DSC-RX100


アルメントフーベルは標高1907m。シルトホルンの標高2970mと比べるとずいぶん見劣りします。が、上がってみるといきなりこの景色。

左からアイガー(3970m)、メンヒ(4107m)、ユングフラウ(4158m)の3山の揃い踏みです。ミューレンの村からだと前山のシュワルツメンヒ(右手前の茶色い岩山)に隠れて上の方しか見えないユングフラウも、ここからだとよく見えます。

20130709-21.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


ユングフラウから流れ落ちるギーセン氷河(右)とグッギー氷河(左)。

20130709-22.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


アルメントフーベルから北へ、グリュッチアルプ(ミューレンに来るとき乗ったBLMの鉄道部分の始発駅)に向かって歩きます。線路と平行に少し山側を歩く感じです。

20130709-23.jpg
Sony DCS-RX1


このコースはお花畑の広がる草原を前景に、常に右手にアイガー、メンヒ、ユングフラウの3山を眺めながら歩けます。

20130709-24.jpg
Sony DCS-RX1


20130709-25.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130709-26.jpg
Sony DSC-RX1


20130709-27.jpg
Sony DSC-RX1


道はこんな感じのほぼ水平道なので楽ちんです。

20130709-28.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


こんな一面のお花畑の中の道も。

20130709-29.jpg
Sony DSC-RX1


コースの後半は放牧地になります。牛のすぐそばを通るのですこしおっかないですが、日本の牛よりは目つきが悪くないような気がします。

20130709-30.jpg
Sony DSC-RX1


グリュッチアルプに近づき山を下っていくと、BLMの線路が見えてきます。貨物用の台車を連結した1輌編成の電車が走っています。

20130709-31.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


グリュッチアルプの駅に到着。右奥の建屋がラウターブルンネンからのロープウェイの駅です。

20130709-32.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


BLMに乗ってミューレンに戻ります。

20130709-33.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


最高速30km/h。阪堺線みたいです。

20130709-34.jpg
Sony DSC-RX1


ホテルに戻るとちょっとトラブル発生。無線LANが繋がりません。フロントのおねーさんはどうやらちんぷんかんぷんの様です。なんとか話のわかりそうなおにーさんを発見して、ルーターを再起動してみるように頼んでみました。すると、部屋の前の廊下にむき出しで設置されていた子機の電源を抜き挿ししています。たぶん親機のほうだろうなあと思いますが、そこまで細かいことは伝えられないのでとりあえず見守ります。案の定だめで、結局事務所にある親機を再起動して解決。


夕方、ホテルで食事をしていると一雨ありました。

20130709-35.jpg
Sony DSC-RX100


今日の晩ごはんは、本日のスープと、

20130709-36.jpg
Sony DSC-RX100


こんな1皿ものの料理。サラダと付け合わせのライス、メインのチキンのグリルが一緒に盛ってあります。1人だとコースで時間がかかるのは退屈するので、こういうメニューがあると便利です。まあ日本の定食屋さんだと800円くらいで食べられそうなのが、30SFくらいしたりするんですけどね・・・

20130709-37.jpg
Sony DSC-RX100


雨あがりで空気が澄んで、夕日を浴びた氷河の立体感が強調されて迫力あります。

20130709-38.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


こちらはユングフラウ鉄道のアイガーグレッチャー駅。直線距離で6kmほど離れていますがくっきり見えています。

20130709-39.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ホテルの屋上に出られることが判明したので、夜は星撮りに。ユングフラウ3山にかかる天の川。ミューレンの村は明かりが少ないので肉眼でも見えます。この夜は流れ星が多く、2,3カットに1つくらいの割合で写っていました。

20130710-102.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


20130710-103.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


今日歩いたところ。

GPSトラック Allmendhubel

スイス旅行記 3日目 (前半)

2013年7月9日(火)


山歩き初日はいいお天気の朝になりました。気持ちがいいので朝食前に軽く近所を散歩します。メインストリートの奥に聳えるのはチンゲルシュピッツ(3304m)。

20130709-02.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


アイガー(3970m)の左手から朝日が昇ってきます。

20130709-03.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


朝の駅前広場。

20130709-04.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ホテルの背後にブライトホルン(3780m)。(ツェルマットの近くの4000m峰のブライトホルンとは別の山。)

20130709-05.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ホテルに戻って朝食。山なんだからもっと早くてもいいと思うんですが、意外と遅くて7時半からです。コンチネンタル・ブレックファーストですね。

20130709-06.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ではまずはミューレンで一番高い展望台、シルトホルンへ上がってみることにします。シルトホルンは映画「女王陛下の007」の舞台として有名、とは言ってもなんせ1969年の作品なんで若い人は観てもないよね。シルトホルンへのロープウェイ駅は鉄道駅と反対側の村の南の端にあります。ホテルからは歩いて10分もかかりません。8時40分の始発に乗ります。





中間駅のビルクまで行くと、頂上の展望台と回転展望レストラン、ピッツ・グロリアが見えてきます。

20130709-07.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


展望台からの眺め。東側からさかんに雲が湧いて、ユングフラウ方面は隠れてしまいました。

20130709-08.jpg
Sony DSC-RX1


20130709-09.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


展望台からでも十分絶景なんですが、どうしても人工物が目に入ってしまうし、観光客で賑やかで(今日は空いてるけど)いまいち落ち着きません。西の尾根に続く登山道を少し歩いてみることにします。

尾根ぞいには何やら咲いていますが、日本の花ですらよく知らないのにスイスの花はなおさらわかりません。綺麗なら名前はまあ、いいことにしましょう。

20130709-10.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


尾根の登山道はよく整備されており、北アルプスの縦走路のような雰囲気。

20130709-11.jpg
Sony DSC-RX1

20130709-12.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS


隣の2828mのピークあたりまで行くとさすがに観光客の姿はなくなり、静かに景色を楽しめます。居並ぶ山々は左手からグロスホルン(3754m)、ブライトホルン(3780m)、チンゲルシュピッツ(3304m)、グスパルテンホルン(3436m)、ブリュムリスアルプ(3661m)。

20130709-13.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS

20130709-15.jpg
Sony NEX-7  E 10-18mm F4 OSS




この先の尾根を少したどって左手に降りてミューレンに下る道も続いていますが、まだ谷筋の斜面は雪がたくさん残っていて、それなりの用意がないと難しそうです。

20130709-14.jpg
Sony DCS-RX1


展望台に戻り、せっかくなので名物の回転レストランで休憩していくことにします。

20130709-16.jpg
Sony DCS-RX1


こんな感じで回っています。うっかり窓際に物を置いてしばらくしたらなくなってたのでビックリしました。ウェイトレスのお姉さんも注文を取ったときと持っていくときで場所が違うので大変ですね。




中間駅のビルクから見下ろすミューレンの村。崖っぷちに張り付いている様子がわかります。徐々に雲がきれて隠れていたユングフラウ3山がまた見えてきました。

20130709-17.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

20130709-18.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


ミューレンの村に戻ってきました。

20130709-19.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC

20130709-20.jpg
Sony NEX-7  TAMRON 18-200mm F/3.5-6.3 Di III VC


今日歩いたところ。

GPSトラック Shilthorn

スイス旅行記 2日目

2013年7月8日(月)


朝です、と言ってもまだ夜中ですが。快適なのでそう長くも感じずに過ごせました。朝食は一番あっさりしてそうなリンゴのクレープを選択。

20130708-24.jpg
Sony DSC-RX100


パリ、シャルル・ド・ゴール国際空港に到着。ジュネーブ行きに乗り換えるのですが、スイスはEC非加盟国ですがシェンゲン協定には加盟しているので、ここでフランスに入国して、ジュネーブまでは域内便となります。(そうすると帰りはパリまで域内便でパリで出国手続きかと思いきや、そうではなかったりしてややこしいのですが、そのあたりはまた帰りの日記で。)

入国審査を通って、主にエールフランスの域内便が発着するターミナル2Fへ。到着ターミナルの2Eからは歩いて行けます。早朝のせいなのかなんなのか超不愛想なセキュリティーを通過してゲートへ。成田でちんたら時間を潰したにもかかわらず定刻より早く到着したので、まだ4時過ぎ。誰もいませんね・・・

20130708-25.jpg
Sony DSC-RX100


ラウンジがオープンする5時半に1番のり。成田のと同じくらいの規模ですね。

20130708-01.jpg
Sony DSC-RX100


この時はまだありませんが、しばらくしたら焼きあがったクロワッサンが運ばれてきました。始めは閑散としていたラウンジですが、さすがに域内便の拠点とあって、ビジネス客も多く、しばらくするとほぼ満席の盛況に。

20130708-02.jpg
Sony DSC-RX100


ジュネーブ行きはこちら。ボーイング737です。シートアレンジの表ではビジネスは2列2列、エコノミーは3列3列のアレンジになっているんですが、乗り込んでみますとなんとビジネスは3列の真ん中の座席にプラスチックの箱のようなものを置いてテーブルにして座れなくしてあるだけなのでした。

20130708-03.jpg
Sony DSC-RX100


定刻になってジュネーブへ出発・・・と思ったら全然出ません。人数が合わないとかでCAがカウンタ片手に何度も通路を行ったり来たり。日本野鳥の会ですか? あげくにボーディングパスのチェックを2回も。結局1時間遅れで出発です。うむ、帰りの乗り継ぎは1時間50分しかないんだが、大丈夫なんだろうか。パリからTGVで行った方が早かったような気がします。

ジュネーブ、コアントラン国際空港に到着。乗り継ぎがあったので心配していた荷物もロストにならず無事到着。30キロ近いスーツケースとリュックを今日は自力で運ばないといけません。スイス連邦鉄道(以下国鉄)には便利な手荷物別送サービスがあるのですが、この時間からでは当日便は間に合わないのです。

空港から直結のスイス国鉄の空港駅のコンコース。おー久しぶりに見るSBB CFF FFSの3ヶ国語表記のロゴ。なんかかっこいいんですよね。映画「カサンドラ・クロス」の頃からの憧れでした(古)。

20130708-04.jpg
Sony DSC-RX100


コンコース右手のチケットカウンターでスイスパスのバリデーションを受けて出発です。スイス国鉄のダイヤは基本的に60分毎とか30分毎の毎時運行になっているので、目的地まで1パターンのダイヤを調べておけば前後にずれても問題ないので便利です。

20130708-05.jpg
Sony DSC-RX100


1等、2等車の配列は行き先案内板に表示され、ホームにあるセクター分けの表示と対応しています。

20130708-07.jpg
Sony DSC-RX100


1等車はおおむねガラガラ。

20130708-06.jpg
Sony DSC-RX100


車内販売が来たので水を買ってみました。4.9SFって高っ。500円以上するじゃん。ボラれたのかと思ったよ・・・ 以後、水はマーケットで買うことにしました。

20130708-08.jpg
Sony DSC-RX100


ベルンで乗り換えインターラーケン・オストへ。どちらもスイスパスが有効でそのまま乗れるので特に意識はしませんが、スイス国鉄はここまでで、ここからは私鉄のベルナーオーバーラント鉄道(BOB)でラウターブルンネンへ向かいます。

20130708-09.jpg
Sony DSC-RX100


インターラーケンの郊外は気持ちのいい草原です。

20130708-10.jpg
Sony DSC-RX100


意外と長い編成ですが、途中のツヴァイリュッチーネンまでグリンデルワルド行きと併合されているためです。

20130708-12.jpg
Sony DSC-RX100


ツヴァイリュッチーネンでグリンデルワルド行きを左に見送って、U字谷の底を渓流に沿って進みます。このあたりにはもうそこかしこにハイキングコースがあり、線路の対岸にもハイカーの姿が見えます。

20130708-13.jpg
Sony DSC-RX100


ラウターブルンネンからはラウターブルンネン-ミューレン山岳鉄道(BLM)でミューレンに向かいます。鉄道といっても、U字谷の谷底のラウターブルンネンと、数百mの断崖の上の村ミューレンとは直接線路で結ばれてはおらず、まずラウターブルンネンからロープウェイで崖上のグリュッチアルプへ。そしてグリュッチアルプから断崖に沿って延びる線路でミューレンへと通じています。

さて、いきなりホテル到着です。というのも、ラウターブルンネンまでの乗り換えはホームにスロープがあったりしてそれなりにバリアフリーな設計になっていたので、重いスーツケースをごろごろ引っ張って移動できたのですが、ラウターブルンネンからは駅ごとに階段地獄で、写真を撮ってる余裕がなかったのでした。まあこのあたりは毎日うろつくことになるのでおいおいご紹介できるかと。

20130708-20.jpg
Sony DSC-RX100

20130708-21.jpg
Sony DSC-RX100


ミューレンでのお宿はHotel Edelweiss。駅からのメインストリートを5分ほどのところ。

20130708-15.jpg
Sony DSC-RX1


通りと反対側はすぐラウターブルンネン側の断崖。バルコニーからはもの凄い高度感の絶景が楽しめます。

20130708-14.jpg
Sony DSC-RX1


荷物を整理して、とりあえず村の概略を把握するために、軽く1周してくることにします。

断崖に沿って南北に延びる村は、北の端の鉄道駅から南の端のシルトホルンへのロープウェイ駅まで歩いても10分ほどの小ささです。あいにく夕方になって山々は雲にかくれてしまっていますが、まあ明日からのお楽しみということで。

20130708-16.jpg
Sony DSC-RX100


村には縦横に延びるたくさんのハイキングコースが交差しています。

20130708-17.jpg
Sony DSC-RX100


メインストリート沿いのわずかな緩斜面にホテルや民家が点在します。下界とは道路は通じておらず、ときおり電気自動車が走るだけの静かな村です。

20130708-18.jpg
Sony DSC-RX100


さすがに重い荷物を持っての移動、移動で疲れました。さっさと休みたいので夕食はホテルのレストランで軽めに。本日のスープと、

20130708-22.jpg
Sony DSC-RX100


ピザ、クアトロスタジオーニ。

20130708-23.jpg
Sony DSC-RX100


さあ、明日からいよいよハイキング開始です。

スイス旅行記 1日目

7月7日から19日まで、スイスに行ってきました。

最近は便利な通訳同伴旅行ばっかりだったので、久々の海外一人旅でちょっと心配。とりあえずこの1か月ほどヒアリングのにわか特訓をして臨みました。主な目的はアルプスを眺めながらのハイキングです。山のことなのでお天気のいい日はまあ半分くらいで、あとの天気の悪い日は街に降りて観光を、とか思っていたら、思いのほか連日の好天でたっぷりアルプスの展望を堪能できました。写真も結構な枚数になりましたので、ぼちぼち整理しながらアップしていきます。


2013年7月7日(日)


では、出発です。

今回はデルタ航空のマイレージの特典航空券利用で、キャリアはエールフランス。エールフランスのパリ便は関空からも飛んでいるのですが、特典では取れず、成田発です。

伊丹-成田便が午後は2時台しかなく、4時にはもう成田着。ラウンジでゆっくり、と思ってもチェックインが3時間前からということで喫茶店で暇をつぶします。ようやくチェックイン時間に。

AF277便は北ウイング発の最終便の様です。

20130707-01.jpg
Sony DSC-RX100


出国手続きを済ませ、第1サテライトへ。駐機しているAF277便が見えます。機材はボーイング777。夜便は利用客が少ないのかエアバスA380ではありません。A380は帰りに乗れるので楽しみにしておきましょう。

20130707-02.jpg
Sony DSC-RX100


4階のラウンジに向かいます。エールフランスのラウンジはデルタのラウンジの隣にあります。

20130707-03.jpg
Sony DSC-RX100

20130707-05.jpg
Sony DSC-RX100


ラウンジにはほぼ1番のり。大阪を出てすでにだいぶ時間が経って汗ばんでいたので、とりあえず空いているうちと1つしかないシャワー室を借りてさっぱりします。

対象の便が他にないせいか、さほど混みあうこともなく、まったり過ごせました。

20130707-07.jpg
Sony DSC-RX100


飲み物、食べ物もまずまず揃っていますが、乗ったらすぐ夕食なのであまり手をださないでおきます。

20130707-08.jpg
Sony DSC-RX100


20130707-09.jpg
Sony DSC-RX100


搭乗機が見下ろせます。だいぶ夜もふけてきて、まもなく出発です。

20130707-06.jpg
Sony DSC-RX100


搭乗しました。座席は3A。ビジネスクラスの最前列なので前席はなく、足元は広々しています。最前列だけ隣席とのパーティションが長くなっていて、隔離感もあっていいです。(前席の背面がないので、ここがモニターの収容部になっています。) 結局隣席は空席のようでラッキー。機材は古めで、シートもくたびれた感がありましたが、これなら文句はありません。

20130707-10.jpg
Sony DSC-RX100


前方の2列はファーストクラス。

20130707-11.jpg
Sony DSC-RX100


座席の装備。コンセントにエビアン、ゼンハイザーのノイズキャンセリンギヘッドホン。

20130707-12.jpg
Sony DSC-RX100


AF277便は他の便より30分ほど飛行時間が長めに設定されています。それでもさっさと出発するとパリに朝早く着きすぎるためか、ドアクローズしてからもなかなか動かず、成田の飛行制限にかかる11時前にようやく離陸。

ウェルカムドリンクのシャンパンとおつまみをいただきながら、メニューの検討。

20130707-13.jpg
Sony DSC-RX100


かれいのソテーにしましょう。

20130707-14.jpg
Sony DSC-RX100


前菜。

20130707-15.jpg
Sony DSC-RX100


メイン。写真撮り忘れて少し食べてしまってますが。

20130707-16.jpg
Sony DSC-RX100


デザートのシャーベットにコーヒー。

20130707-17.jpg
Sony DSC-RX100


お味はまずます。日本積み込みの食材でしょうから、まあ無難ですね。帰りはフランスらしさがでるか楽しみです。

先も長いので、しっかり休んで行くことにします。おやすみなさい。
日本ブログ村
プロフィール

tara

Author:tara
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR